2011.8.18~25 パリ

約一年ぶりの更新となってしまいましたが、今年はパリに行ってきました。

8/18

8.18 成田からパリへ約12時間の旅、エール・フランスでチケットをとったのだけど

JAL共同運航でJAL機・・エールフランスのシャンパンと夜食のカップヌードルを期待してたのに・・・残念   とにかくパリへ到着 今回の宿は自炊の出来るアパートメントホテルadagio

へ、こんなところです。オペラ座から5分プランタンとラファイエットには1分の便利な立地です。

とりあえず、初日はお惣菜を買ってきて、アパートでディナーのあと寝ました。

302号室

間取りはこちら

8/19

8.19(FRY) 今日は サン・ジェルマン・デ・プレ~有名なレ・ドゥ・マゴでお茶

ル・ボン・マルシェへ

その後はオルセーが込んでいたので、セーヌ川を渡りオランジュリー美術館の方へ

モネの睡蓮の間はとても浮遊感のある不思議な空間でした

夜はこちらに住んでる妻の友人に連れて行ってもらい、11区パルマンティエ辺りでディナー

写真は撮るの忘れました><

8/20

8.20(sat)

今日は、パリ郊外にあるメゾン・カレ(アルヴァ・アアルト設計)の見学、結構車を使わずに

行くのがインターネットで調べてもわかりにくかったので詳しく別項目で説明したいと思います。

パリからRERでサンカンタン・アン・イヴァリーヌへそこからバスに乗りバゾッシュ村へ到着

石の教会の周りに小さい可愛い家がいくつか、その周りに別荘が点在しています。

こういったフランスの田舎にも次はゆっくりきてみたいと思う村です。

そして、アアルト設計のカレ邸へ ここはフィンランドで見学したコエタロやマイレア邸にもまして好きな住宅です。

最初外観を見たときは、思ったより傷んでるなという印象だったのですが、中から外とじっくり見学するにつれ、やはり綺麗で美しいなとつくづく感じる建物でした。

8/21

今日はオルセーに・・見ごたえがある・・

ミレー・マネ・モネ・ルノワール・ドガ・セエザンヌ・ゴーギャン・・・・有名すぎる絵がごろごろと

その後、ノートルダムをセーヌ川からスケッチ

夜は、先日の友人に シャンゼリゼのサロン・ド・テ ラデュレ/ル・バーの2階(フランスでいう1階)が雰囲気もよくって割とリーズナブルでいいよーと教えてもらい ディナー

35ユーロのセレクトセットでワインもお手ごろ マカロンもおいしいらしい(僕は甘いもの苦手なので 嫁のみ) お勧めですね

8/22

午前中、ちょっとお買い物に付き合ってその後 コルビジェのラ・ロッシュ邸とギマールのアパートを見にセレブなパッシー地区に一人で来てみました。ついでに新しくできたヌーヴェルのケ・ブランリー美術館も見てみようとエッフェル塔横まで来たのですが・・

「入り口わかんねー」っと一周してみたら休みでした・・・疲れた・・・足が・・・痛い

8/23

18世紀のアーケード街 パッサージュ ギャルリー・ヴィヴィエンヌへ 

床の大理石モザイクが綺麗 こういうところ好きです。

~ジャン・ヌーヴェル設計アラブ世界研究所に

→「ほー、窓のシャッターはこうなっていたのかー」

8/24

パリ最後の日、パリは2度目ですがまた今度は1か月ぐらいきて、いろいろフランスの地方をゆっくり巡りたいものです。

スケッチの色塗らなきゃ

8/25

帰りは、エールフランス機でシャンパン・カップヌードル・ハーゲンダッツといただけました。^^

おみやげ